我流伝

我がブログは我流、我流は無形!

23歳ニートが語る!就職活動をしなかった理由と半年間ニートをした感想と収入源は?

こんにちは!お久しぶりです!

ニートです!最近寒くなってきましたね。
 
こんな私も大学を卒業して5ヶ月が経ちました。
もう10月か…とふと我に返った今日この頃。
自分のやりたいことが本当にやれているのか?このままで良いのか?
再度、自分に言い聞かせるためにこのブログを書こうと思いました。
これまでの仕事や学業の生い立ちを振り返りながら書いていこうと思います。

 

【関連記事】

animeblog.hatenablog.jp

 

 

【アルバイト歴と仕事の楽しさについて】

私は高校2年生から大学の2年生まで約4年間、スーパーマーケットの寿司部でアルバイトをしていました。
また、夏は小学校のプールを市民に開放するので、スーパーと掛け持ちでプールの監視員をしていました。
また、大学1年生の時は半年間、漫画喫茶で夜勤のアルバイトをしていました。
 
こんなニートな私ですが、スーパーをメインに数多くのアルバイトを経験しまた同時期にいくつか掛け持ちでアルバイトをしていたのです。
そのため働くことは全く嫌いではありません。
しかしなぜ大学2年生で大好きだったアルバイトをやめたのか。
主な原因は1つです。
 

【副業でせどり・転売を始めた】

友達に、いませどりとか転売が流行ってて個人でもAmazonに商品出品できるらしいよ?
ヤフオクで売るより高く売れるし、ゲームや漫画はブックオフやゲームショップに持っていくより高く売れるから、お前もやってみろよ。
と誘われたのがきっかけです。
ここで、家の中に眠るゴミ同然のものだった物が数多く高値で売れることを知りました。
 
最初は家にあるガラクタを売るだけだったんですが、色々な商品の落札相場を見ているうちに
「あれ?これお店で売ってる額より高いぞ」
 
と何点かこのような商品を見つけたのがきっかけです。
そこから私は初心者ながらコンスタントに月に2万〜3万円を稼げるようになりました。
 
私がメインで働いてたスーパーは週2回の1日4時間勤務でしたので、稼いでも月に5万円ほど。
 
あれ?もう少し商品を見つければ、スーパーと同じくらい稼げるのでは?
 
と思いつつもまぐれだろう。
自分に言い聞かせながら半信半疑のまま私は普通に働き続けました。
しかし事件は12月に起こったのです。
 
クリスマス商戦でバカみたいに商品が売れたのです。
 
その月の利益はせどり・転売だけで10万を超えました。
 

これはすごいぞ!米に寿司酢入れて混ぜてる場合じゃない!

そう思い、アルバイトを辞めてしまったのです。

 

【世の中そんな甘くはなかった】

大学2年生でバイトを辞めてせどりや転売でお金を稼ぐ毎日。
大学まで1カ月の定期代(1万円)とお茶代はコンスタントに稼ぐことはできましたが、学費も払えなくなり奨学金を申請したり、欲しいものが欲しい時に買えなくなってしまいました。
ただ1つ良かったことがあります。
それはブロガーのみなさんなら少なからず思ってることでしょう。
「自分でお金を稼ぐ楽しさを知ったことです」
これが就職活動をしなかった1つの要因になります。
 

【ネットからリアル店舗を構える】

インターネット上で商品が売れることがわかった私は、実際の手売りに挑戦したくなりました。
大学3年生の私はせどり・転売を進めてくれた友人2人と地元のお祭りに参加し光るブレスレットの販売を行いました。
この光るブレスレット。
ダイソーに売ってる5本で100円のやつ。
これを1本200円で販売したんです。
それがバカみたいに売れるんですよ。
本当にバカみたいに売れました。売り上げは3等分したため、1人辺りの金額はそこまで大きなものでは無かったですが…
 

【時間を対価にお金を貰うのは変だ】

大学3年生の夏。
お祭りを経験した私はこの考え方に行き着きました。
 
米に寿司酢を混ぜる作業と洗い物。
プールサイドに立って、走り回る子供に危ないから走るなー!と叫んだり。
 
自分になにも役立つことが無いんです。
 
時間を対価にお金を稼ぐのはやっぱりおかしい。自分に出来ることでお金を稼ぎたい!と思った私は就職活動をすることを辞めました。
 

【ある程度は稼げると思った】

種金があればあるほど稼げるせどりと転売。無くても月に2万〜3万円はコンスタントに稼げる。
お祭りの経験もあるし最悪、夏だけ本気を出せばそこそこは稼げるだろう。
就職活動は脳無しがすること。とまで思ってましたから…
 

【大学を卒業して】

一緒に転売や祭りを経験したフリーターの友人と、他に稼げることをやろう!
と考えのもとインターネットサイトを運営することになりました。
サイトのコンテンツはサッカー。
私がJリーグ好きなこともあり、友人を巻き込む形でサイトを製作。
9月にリリースしましたが未だに利益はありません。
とても厳しい状況下に置かれています。
 

【”だろう”は甘え】

○○で成果が出てるし、これもきっと出るだろう。
1人でやってる仕事じゃないから、一緒に支え合っていけるだろう。など
 
大学卒業後は「だろう」で生きてきました。これが全て裏目に出てしまったのが現実です。
1人で何かをやるにあたって「だろう」は絶対にタブーであることをブロガーさんにも伝えたいです。
 
この記事は明日でも良いだろう。
なんか文章が変だけど、まぁ良いだろう。
コメントきたけど返信は後で良いだろう。
 
この「だろう」は絶対に相手に伝わってしまうのです。これだけは皆さんにも覚えて欲しいと思います。
 

【心の変化】

就職活動してれば良かった…と思いますね(笑)
社会経験を積んでおけば、多少の社会常識を身につけた上で1人でも色々と出来たと思います。大学卒業後直ぐだと、金銭面での縛りや社会常識の無さが営業面やサイト運営などに影響してきます。
 

【学生に向けて】

ちょっと後悔してる面もありますが、私はニートになって自分の甘えに気付けたことが大きいと思います。
やっぱり自分のやりたい事を在学中に見つける事が、仕事をすることや、生きて行くための近道だと思います。
 
私は失敗したルートに来てしまったと思うことがありますが、やっぱり自分のやりたいことである
「己で稼げる人間になりたいこと」
これを見つけられたのは本当に良かったと思ってます。これを見つけられたのは他のニートより一歩抜けてるかなと思ってます。
なので、学生の皆さんや、いまニートな皆さんはやりたいことを色々と探してみてください。
”やりたいこと”は、友達がやってることを真似してみたり、自分の好きな事をもう少し好きになってみると見つけられると思います。
 

【今後に向けて】

 
いざ、やりたいことの土俵に立ってみるとやはり厳しい。
なぜなら、レベルが低いからです。
レベルを上げる方法はたくさんあると自分でも思っています。
 
RPGゲームで例えると
・ひたすら今の現状をPDCAサイクルで回し続け、草むらで闘い続けるか。
・強い勇者(会社)の元で闘い方を教えてもらうか。
・同じ心境の仲間を見つけて、アドバイスを貰うか。

正直、私も迷ってます。

正しいルートはどれなのか…
誰もわからないルートで、正しくないルートを突き進んでも将来的には同じ場所にでることもあるのが人生です。
 
今年中には答えを見つけたいと思います。
 
「己で稼げる人間になりたい」
 

 【合わせて読みたい関連記事】

animeblog.hatenablog.jp

稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?

稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?